忍者ブログ
ゲレンデ遊び・雪遊び・がっつりカーヴ
[43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

080309_2in7.jpg

今シーズン初の合流。

あかねちんは、最近はじめてスノボ履いたんだって。
それもアルペン。
そんで「あんな板で滑れるってスゴイ」って言われた。

本当は一緒なんだけどね。
けど、一度や二度じゃ、ただ違和感を感じるだけで
終わっても仕方ないんだ。

スキーからスノボ、スノボからスキー、どちらも同様、
道具に慣れるまでは違和感しかないけど、慣れて
しまえば一緒だって気付く。

よく、スノボは簡単、スキーは奥が深いと言うことも
言われるけど、突き詰めればどちらも同じ。
楽な点、得意な面、それぞれあるけど、奥の深さ
なんてものは、その人の追求度次第なわけだし。
どっちにしても、余計な先入観を持たずに楽しむ
ことが大事。
真剣に付き合えば、何も違いなど無いのだ。

080309_2in5.jpg

モトさんは、今回初のケツ滑りを実現した。
ダブルハンドのケツ付き。

初体験だから、自身でもまだ違和感とか疑問が
あるようだけど。
いいんじゃな~い。
どんどん限界に挑戦していただきたい。
Sのさんのように、ケツエッジ族になろう。

って、パンツに穴開くから、雪の硬くないときに。

snowtouch_s.jpg

これは、数年前に送られてきた友人の写真。
ドイツのその世界では偉い人。
選手時代には、オリンピックとかも出てたとか。
有名選手も数多くコーチしてきて、今は基礎系の
偉い人らしい。
彼が白樺湖に居た頃は、一緒におバカやってた。
この写真見て、改めて、凄いなぁ~って。(笑)

写真のファイル名は"snowtouch"
ナチュラルに雪にタッチしているところが素敵。
広いところで、相当のスピードも出てるんだろうな。
そう言えば彼、ダウンヒルの選手だったかな。

彼と一緒にスノボ滑ってた頃の彼の口癖は、
「ロングターンが基本」
まだ世の中スキーはカービングじゃなかったし、
スノボの滑り方も今より全然スキー的だったから、
ターンの数が多いほど上手そうって感じだった。
けど、彼はひたすらロングターンを練習していた。

私は今でも必死にロングターンを練習していて、
未だに難しいと思ってるけど…
基本だけど、最も困難
いや、困難だからこそ、そこに基本があるのか。

080309_2in4.jpg

ハンズフリーでロングターンを突き詰めている
手ぶらレンジャー

今回は、ちょっと遊んだ動画で。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事
プロフィール
HN:まあじょ
HP:Maziora*Marjo
性別:非公開
自己紹介:
らりほーアルペンボーダー

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ

ブログ内検索
Siouxsie Sioux
Ninja AD

忍者アド
オフシーズンSPL 遠方の猿
Yahoo!ログール
Technorati
バーコード
忍者ブログ [PR]